【新卒5ヶ月で退職】ブラック会社員を辞めてフリーイラストレーターになった理由

イラストレーター

こんにちは!まめぱんです٩(ˊˋ*)و

私は現在、フリーランスのイラストレーターとして活動をしており、毎日を自由に楽しく過ごせていますが、実は過去に「ブラック企業」の会社員を経験しています。

おそらくあの時、一歩踏み出す勇気と行動がなければ、毎日14時間働いて寝ての繰り返しでイラストを描いていない人生になっていたでしょう。

これから社会に出る学生さんや、職場で悩んでいる社会人に少しでも勇気付けれるメッセージを残したい。と思い私の経験を書きました。

これは

「動物専門学校を卒業後、新卒で入ったブラック職場を5ヶ月でやめてフリーランスになったまめぱんのお話」

です。

 

私は高校卒業したあと、動物業界の学校に行きました。ここだけの話高校卒業後は美術大学に行くか迷っていました。小学校2年生の時から通っていた絵の教室の先生からは「美大に行ける画力はあるよ」と言われていたのですが、その時は”趣味を仕事にしたら楽しく絵が描けなくなる”、”美大は本当にセンスがあってて天才肌の人が行くもの”だと謎の固定観念をもっていたので、絵の道を選ばずに動物業界に行きました。

小さい頃から動物がすきでした。辛い状態の動物や心配そうな飼い主さんに寄り添いたい、優しい言葉をかけたい、大切な家族の最期を看取るのをお手伝いしたいと思い動物看護師専攻にいきました。(イメージは人間の看護師の動物バージョンです)

専門学校時代は友達がいて、可愛い動物に囲まれた毎日だったため授業をサボる事もなく、毎日本当に楽しく勉強していました🐶

しかし学校卒業後、初めて社会人として入った動物病院がそれはもう酷くブラックでした。

毎日8:00~22:00フル出勤で、お局のお方たちがうじゃうじゃいる職場で人間関係もかなりキリキリしていました。

病院勤務なので当たり前に立ちっぱなし、座るのはトイレの時だけ。少しでも仮眠の時間を取るためにご飯を早く食べて同期ともお喋りをせず寝る。夕方は綺麗な田んぼ道に夕陽が反射する光景を病院の窓を拭きながら、外に出たいなあ。今日は何時に帰れるんだろう。。。と思いながらこっそり眺めていました。退勤したら真っ暗でカエルの声しか聞こえません。カエルがお疲れ〜って言ってくれてるんだ。と言い聞かせていました😭精神的にも肉体的にも、かなり体力がいる仕事でした。

さらにその当時、私は副業としてイラストの依頼も受けていました。週休2日のお休みを丸々使って絵に打ち込んでいました。

私にとってイラストを描くことは、趣味&ストレス発散なので、忙しいけど全く苦じゃありませんでした。

そんな目まぐるしい日々を過ごしているうちに、ある日の夜、仕事のストレスと人間関係、依頼に追われる日々と普段の生活でいっぱいいっぱいになって泣いた夜がありました。いわゆるキャパオーバーっていうやつです( ;  ; )

その日は彼氏くんのお家でバレないようにこっそり泣いたはずが、段々涙が止まらなくなったので気づかれてしまい、大丈夫??と心配してくれました。我慢できずにその時に抱えていた悩みを全て相談しました😢😢

彼氏くんは私を一切責めないで、「よく頑張ってるよ。でも今のままだと仕事も副業も続かないと思う。俺は絶対まめぱんのイラストは上手くいくと思うし二人三脚でサポートしながら頑張ろう、まめぱんのイラストには俺は絶対的な自信があるよ。」と言ってくれて、会社から逃げるという選択の後押しをしてくれました。

その時に、“あぁ私が本当にやりたいのはイラストの方かもしれない。あんなブラックな職場のために生きるんじゃなくて大好きなイラスト中心の生活をしたい。と思うようになりました。

今はまだ副業で金銭面で不安定だけど21歳から本気で絵を描き続ければいつか仕事としてやっていける。そのためには早く行動しないと。副業のイラストを本業にしたい!と思い仕事を辞める決断をしました。

これがイラストレーターになったきっかけです。

そこからは行動だけは早いで有名な私なので、1週間以内に院長先生にやめたいです。とお伝えをして(7月中旬)9月いっぱいで辞めさせていただくことになりました。

正直勢いで突き進んだ感もありましたし、両親にも「辞めるって言ってきたった〜!!ガハハ!!」と事後報告で迷惑娘ですが、もうブラック生活しなくていいんだ、という開放感からメンタルは段々安定してきました☺️

ですが嬉しい気持ち半分、今度は新たにフリーになる不安が次から次へとやってきます。

依頼来るかな、あれやこれやは大丈夫かな、と、その時考えても仕方がないことばかりが頭の中をぐるぐるしててまたまた不安で泣きました。😭笑

周りの友達や同僚からも「新卒で5ヶ月でやめてどうするの?」とか「やめない方が健全、イラストで生活できるの?」「バイトはやった方がいいよ」とか色々言われて、自分でも分からないことだらけなのに考え事増やさないでよ!と怒った時もあります😔

でももう決めたことは変えませんので、フリーのイラストレーターで生きていく事にしました。

それからはフリーランスになる前、なった後の攻略本を彼氏くんと読み、意見交換をして情報をまとめたり、お金の話など自主勉ノートにまとめたり自分なりに色々と勉強をしました。特にお金の勉強はタメになりました。税金計算は会社員だと全部会社がやってくれるのですがフリーランスは全部自分でやらなければいけません。確定申告や青色申告、国民年金や健康保険など、市役所と税務署に行き、手続きをしました。

大変でしたが人生経験としてとても大切な時間でした。何より、ワクワクとドキドキでフリーランスになる為の準備を楽しんでいたと思います。

そして無事退職日を迎え、すぐに9月になりフリーランス生活が始まりました💐

結論から言うと最高です。毎朝決まった時間に起きて仕事行かなきゃ…と憂鬱な朝を過ごさなくても良いし、イラストも納期までに自分のペースで書くことが出来ます。なにより家でイラストを描く日々なので人間関係のストレスが全くありません。

朝のウォーキングだって行けちゃいます🐱

でも今なら言えます。あの日彼氏くんの前で泣いて相談したこと、職場をすぐにやめたこと、不安で沢山悩んで準備したのも全部正解だったなあって。

なんなら不正解なんてないんじゃないかって思います。私は「どっちが自分にとっていい選択なのかな、失敗したくない」とずっと考えて踏み出さずにいたのですが、どっちを選んでも正解!そう思って生きた方がずっと楽だと言うことに気づきました。

仕事を辞めて正解か不正解なんてやらなきゃ分からないし、本人が楽しかったら周りの人間がどう言おうと関係ないんじゃないかなと思います。

だって自分の人生ですからね。楽しんだもん勝ちです、✧٩(ˊωˋ*)و✧

 

そして、

もし、ブラック企業で働いていたあの頃の私と同じように誰かからの後押しを必要としている人がいれば背中を押してあげたいと思います。

きっと後押しでさえも「うるさい、私はこれでいいの!慣れてるから。」と思ってしまうと思います。私もそうでした😭今の状況が変わって新しい事を考えることが多くなるぐらいなら今のまま我慢する。と勝手に言い聞かせていました。そもそも疲れてチャレンジという気力も無かったんじゃないかなと思います。

でも

偉そうに語っていますがこれだけは言わせてください。

 

心が壊れてからじゃ遅いです。

 

体力は寝れば少しは回復しますが、心は修復が難しいです。なんなら直そうと必死になるほど空回りします。私も人間関係をよくしようと頑張った結果、苦手な人の前だけミス連発してまた嫌われる。。など空回りまくりました😢( ;  ; )

 

退職してフリーになった方がいいという訳ではなく、辛い時やため込んでいるときに周りの信頼できる人に打ち明けて相談するのがいいと思います。私のおすすめは1人ではなく何人か、4人ほどに同じ話をして意見を聞いてました。沢山に人に聞くとだんだん自分の感覚と同じ人が分かってきます。

そうやって自分の意見をまとめて行きました。声に出したり文にまとめると頭の中を整理することができておすすめです。

 

私はネットでしかフォロワーさんとお話ができないですが、もし悩んでいることがあったり辛いことがあるときは私でよければいつでもお話お聞きします(><)!!いつでもDM使ってください。

相談して弱音を吐けるだけで十分すごいと思います。私は弱音を吐けなくて爆発したので同じ経験をしそうな人がいたら助けてあげたいな。と本当に思います。

 

もう生きてるだけでえらいですよね、本当そう思います。。!!

朝起きて服着替えてご飯食べて出勤して。。。偉すぎる。

 

全員よしよしです。

 

最後になりますが、ここまで読んで下さっているあなたはきっととても優しい方ですね。

ありがとうございます☺️🌸

 

この文が誰かの心を暖かくしますように。

 

 

気持ちを込めて綴らせていただきました。

 

いつもまめぱんに優しくしてくださり本当にありがとうございます( ;  ; )

皆さんの優しさが私を優しくさせてくれているなあと最近常に思っています。

いつでも甘えてきてくださいね。

 

 

 

コメント