まめぱんとの同棲生活。〜彼くん、まめぱんとマッチングする〜

ほのぼの同棲日記

マッチングアプリの世界を知って3日ほど経って、だいぶ慣れてきていた頃でした。

僕は趣味が合う人が話しやすいなと思っていたので、

・映画好き

の人に絞っていいね!を送っていました。

数人の方とマッチング(アプリ内でメッセージ)したのですが、

ちょっとドキドキしながら趣味について聴いたり話したりするので、実際楽しかったです。

大体マッチングしたら僕の方から最初のメッセージを送るように心がけていました。

「こんにちは!〇〇です!どうぞよろしくお願いします(^-^)」

「〇〇さん、映画がお好きなんですね!どんなジャンルが好きなんですか?」

のような挨拶をしていたと記憶します。コレってオジサンっぽいですか?笑

 

良かったのか悪かったのかは分かりませんが、良い人が多くて割とメッセージは楽しくできましたし、

数人とは意気投合してLINEの交換もありました。

 

メッセージをする上でのコツとか会話術みたいなのは特に意識はしていませんでしたが、

「自然体に、丁寧に丁寧に」を常に心がけていたのが良かったかもしれません。

やはり最初は男女共に警戒するので、特に男である自分はひたすらに

『私は悪い人ではありません。』をどうにか伝えようとしていました。

これはマッチングアプリ以外でもそうですが、丁寧すぎて悪い事なんてないので、初対面では丁寧さが大切な事なんだと痛感します。関係は焦らず徐々に築けばいいですもんね。

 

本当にそろそろまめぱん出します。

 

まめぱんはいつものように映画好きの中から現れた1人の子でした。

別にプロフィールを見て”ビビッときた”のような感覚は無かったのですが、

確かに他の人よりかはなんとなく気が合いそうだなと雰囲気で感じていました。

僕からいいね!を送ったのですが、割と早めにいいね!が帰ってきて嬉しかった事を覚えています。

いいねしてから5分ほどでメッセージがスタートし、僕はいつものオジサン挨拶を送って会話しました。

やっぱりすごく楽しかったです。

何をそんなに話したかは覚えていないのですが、お互いに返信が早かったのもあり、

お互いに丁寧だったので安心感もあり、どこか可愛げがありドキドキしました。

LINEを聞けばいいのに、いろんな話が止まらないので数日はメッセージで会話していました。

そして流れでLINEをきき、LINEでの会話になりました。

いやあ、懐かしい。

マッチングアプリの出逢いも素敵ですよ。

なんなら出逢い方なんてなんでもいいと思います。

 

ですがまめぱんは

僕が思っていた映画好きでは無かったです笑

 

コメント